年上の相手の場合

年上の相手の場合

年上の相手の場合

 

年齢のことを考えた時、自分だけではなく相手の年齢も問題です。

自分に結婚の意思があっても相手に無ければ結婚できません。

 

例えば、相手が適齢期を過ぎている、
あるいはとても年上だという場合はどうしたらいいのでしょうか。


相手が男性の場合は適齢期を過ぎていようといまいと、結婚に対する意識は薄いです。

適齢期である二十代後半から三十代前半、
あるいはそれを過ぎてからのほうが、男性の場合は結婚を意識すると思います。

自分が子供を産まなくても、自分の遺伝子を受け継いだ子孫を残したいと思うなら、
結婚の意思も出てくると思います。

つまり相手の男性が年上である場合は結婚はむしろしやすい方が多いです。

 

女性は早い段階から結婚を意識できますが男性はそうではありません。

女性は若くても結婚に対する意識はしっかりしていますが、
男性は年齢を重ねないと結婚に対する意識は生まれません。

 

相手の女性が年上、適齢期を過ぎている場合は
早く結婚したいと思っていることには間違いは無いです。

子供を作りたいと思っているなら尚更です。

 

しかしこういう場合、やはり多くの女性は
つい結婚を焦って男性にもアピールしてしまいます。

以前銀座で参加したお見合いパーティーでも、
20代女性より30代後半らしき女性の方が積極的だった印象があります。

女性にとってはそれくらい、
年をとることは結婚に関して弊害になるという恐怖感があるのです。

もちろんそうではない女性もいると思いますが、多くの女性は結婚したがっています。

まずは結婚の意思については男性から説明すべきでしょう。

 

適齢期を過ぎていようとそうでなかろうと、大切なのは本人の問題です。

けれどもあまりに年上で、一度も結婚を考えたことが無い、という様な相手には
少し警戒すべきかもしれません。

バツイチならばまだ結婚の意思は望めますが、
適齢期を過ぎてもまだ未婚というのは、
何か問題があるから今まで結婚できなかったと考えざるを得ません。

 

相手が適齢期を過ぎているのかどうかは
言わば結婚に対する考え方を測る物差しです。

けれどもそれが決め手になるわけではありません。

参考程度に考えておきましょう。


 

年下の相手の場合


ホーム サイトマップ