年下の相手の場合

年下の相手の場合

年下の相手の場合

 

相手の年齢が年下、適齢期よりも下の場合はどうでしょうか。

 

それはそれで難しい問題だと思います。

年齢を重ねることによる経験が、結婚には良い要素となります。

経験が浅い相手と結婚を考えることはどうなのでしょうか。


相手が年下、あるいは適齢期より下の男性の場合。

とにかく女性が引っ張っていけば何とかなると思います。

 

男性の場合は結婚を年齢によってはあまり意識しません。

それならば年下の場合は尚更意識しません。

だからとにかく女性がしっかり結婚に対する意識を持ち、

結婚生活などについてもちゃんと考えることができているなら、大丈夫だと思います。

 

そうでない場合は結婚がきちんと成立しないと思います。

ママゴト婚とはそういうカップルです。

どの夫婦にも言えることですが、女性がしっかりしていれば大体上手くいきます。

相手が年下の男性なら一層女性がしっかりするべきです。


相手が年下の女性の場合は何の問題も無いと思います。

あまりに年下、女性も二十代最初の頃だとあまり結婚を意識したことは無いかもしれませんが、

大体適齢期が近づいた頃には女性は皆結婚を意識します。

結婚したいかそうでないかではなく、現実的に結婚というものについてを考えます。

女性の方がそういった意識は男性に比べてかなり高いです。

 

ですから例えば男性が34歳、女性が27歳ぐらいなら何の問題も無いカップルです。

一般的にはこれぐらいの年齢、男性の方が少し年上、というカップルが多いのではないでしょうか。

 

婚活に関しても結婚に対しても適齢期はそこまで重要視しなくても大丈夫です。

自分がそうであろうと、または相手がそうであろうとむしろ結婚を意識しすぎないことです。

特に男性においては年齢はあまり気にせず、女性は年齢を気にするのが婚活でも多い傾向です。

お見合いパーティーの参加条件で年齢を指定しているところもあるので

上手にそれを利用している方も多くいますね。

 

しかし年齢にこだわり過ぎて男性にプレッシャーを与えてしまうと逆効果です。

適齢期については気にし過ぎず婚活するのが一番です。

 

適齢期を気にせず婚活するには


ホーム サイトマップ