適齢期を過ぎると結婚しにくくなるのはなぜか

適齢期を過ぎると結婚しにくくなるのはなぜか

適齢期を過ぎると結婚しにくくなるのはなぜか

 

現実的に適齢期と呼ばれる年齢層を過ぎると、結婚する人は少なくなります。
しかし結婚しにくくなるという問題は、年齢のせいではありません。
年をとると結婚しにくくなるのはもっと深い問題です。

 

年をとるから結婚しにくくなるのではなく、経験を重ねるから選択しづらくなるのです。
例えば年をとればとるほど、将来への不安は大きくなります。
結婚してからのことを考えると、生命保険に入るのもローンを組むのも若ければ若い方が有利です。


金銭的なことや物理的なことを考えると、年をとればそれだけ不安要素は増えていくものです。
しかし若いうちはそんなことに気付きません。
年齢を重ねて経験していくからこそ、こういった問題も理解していくものです。
理解してしまうと婚活する際にも年齢のことは気になります。
自分だけではなく、相手の年齢もです。

経験が増え、知識が増えるのは良いことですが、
婚活や結婚に対してはブレーキになってしまうかもしれないのです。

 

また独身である生活に慣れてくると、他人が自分の生活に介入するのが面倒になります。
一人で楽しく生きてきたものが、婚活や結婚によって崩されるとなると嫌です。
また相手を選ぶ際にその自分の生活パターンを崩すまいと、
相手に対してのハードルが高くなってしまう恐れがあります。
独身を楽しんでいると気づかないうちに結婚へのハードルを自分で上げていってしまうものなんです。

特に女性はそうなりがちです。


仕事をしている女性ならば、
自分の年収より相手の男性の年収の方が高くないと嫌、みたいなことはよくあります。
それは決して高くは無いハードルなのかもしれませんが、
実はそう考えている時点でハードルを高くしてしまっていることになるのです。
東京で婚活パーティーに参加をしながら婚活をしている知人がいます。
彼女もまた、自分でハードルを上げていることに気付きながらも、
それを下げることのできないジレンマに悩んでいます。


だから若いうちの方が柔軟性もあるし、結婚しやすいのです。
けれども失敗もしやすいです。
年を重ね、経験を重ねた後から出会ったパートナーの方が良いパートナーであることが多いです。

適齢期を過ぎても結婚はできますし、むしろ良いパートナーに巡り会えると思います。
適齢期を過ぎても結婚はいくらでもできます。


 

適齢期を過ぎたらどうしたら良い?


ホーム サイトマップ