二回目以降のデートでフラれる人のために

二回目以降のデートでフラれる人のために

二回目以降のデートでフラれる人のために

 

二回目以降のデートでフラれる、連絡が無くなるということは
大体相手にとってタイプじゃなかったということになると思います。

それは婚活では仕方がないことですし、自分にもある事だと思います。

実際付き合うとなると違うんだ、と判断するのもされるのも婚活ではよくあることです。

 

問題なのはあとちょっとで本格的なお付き合いかな、と思っていたらフラれるパターン。

こういう場合はデートも4、5回以上繰り返し、そろそろ次のステップかなと思った時に起こります。

この失敗を繰り返すのは婚活でもかなり時間のロスになっているので改善した方が良いでしょう。

 

こういう場合はあなたが当たり障りのないような性格の場合よく起こります。

それなりに優しいし、話しててもまあまあ盛り上がる。

でもお付き合い、あるいは結婚を考えると何か足りないと思われると
何回もデートをしてきたのに結局は発展せずに終わります。それは何が足りないのでしょうか。


こういったタイプは第一印象も良いのですが、実は隠れ自己中心的な性格の場合が多いです。

本当は自己中心的なのですがそれが表面的な優しさなどに隠れていて、外からはよく見えません。

けれども何回も会っている内に相手はいつしか気付いてきます。

この人は実は自分のことしか考えていないんじゃないだろうか、
一人で生きていけるんじゃないだろうかと相手は思ってくるのです。

 

つまり自分が意識してないうちにどこかでその自己中心的な行動や考えが相手にバレるから、最終的にはフラれます。

人気のある婚活パーティーなどでも第一印象は良いし優しそうに見えるので、最初のうちは上手くいきます。

けれども深いところに入ろうと思うとなかなか出来ないのです。

 

正直思い当たるところは無いですか?

いつも自分は付き合えると思っていたのになぜかフラれるということはありませんか?

それは実は自分に原因があるのです。

 

人間ですから誰もが少しは自己中心的なところがあります。

でも結婚を考えるとそれは弊害でしかありませんし、一番嫌われる欠点です。

それを我慢して婚活しなければ結婚できません。

 

デートの時相手のことを常に考えていますか?本当にヨソ見はしていませんか?

隣にいると相手が自分の存在を考えているか考えていないかはよくわかります。

一人に慣れ過ぎてそういう行動になってしまっていると、婚活では相手に悪い印象を与えてしまうのです。

 

原因がわからないのは相手の立場になって物事を考えることができないから。

たとえデートを何回重ねても、相手のことを良く考えて行動しましょう。


そもそも相手選びに失敗している時


ホーム サイトマップ