婚活パーティー一連の流れ

婚活パーティー一連の流れ

婚活パーティー一連の流れ

 

初めて参加するときには、不安もたくさんあると思います。

主な婚活パーティーは、会社帰りに参加できるような日時とアクセスしやすいロケーションで組まれています。

開催日時やエリアからの検索、パーティーのタイプ、こだわっている条件などで絞り込んでいくことが可能。

細かい要望に応えられる数多くのパーティーが開催されているので、
まずそれを知ってから検討するといいでしょう。

 

流れ

まずは大まかなパーティーの流れをお話しします。

ネットや電話で参加希望のパーティーへ申し込みを行います。

当日でも受け付ける会社もありますが、
事前に申し込んだほうが割引などの特典があるようですので要チェックです。

当日受付を済まし、この時に身分証明書などの提示をお願いされます。

このチェックがあるので、参加者が安心してパーティーに参加できるのです。

思わぬ残業などで遅刻も考えられますが、ほとんどのパーティーが遅刻でも受付されています。

ただし遅刻をするとせっかくの特典が消えてしまうこともありますから、ご注意を。

 

プロフィールとトークタイム

次に自分のプロフィールなどを、所定の用紙に書き込みます。

名前、職業、年齢、趣味、好みのタイプなどの欄があるものです。

パーティーが始まると、まず1対1のトークタイム。

この時に先ほど記入したプロフィールが活躍しますので、それなりにしっかり書いておきましょう。

パーティーは主催者側のスタッフがちゃんと進行してくれますから、なにも心配はいりません。

女性が座っている前に男性が座り、お互い自己紹介など3分程度の会話を行います。

プロフィールシートを交換してお互い目を通し、それについて話すことが多いもの。

時間が来れば男性が席をひとつずれ、次の人とお話しをする形式です。

気になったお相手は、忘れないようにチェックしておきましょう。

 

ブレイクタイム

すべての人との会話が終わった後は、ブレイクタイム。

この時に「興味があるお相手」を記入するアプローチカードを渡されるパーティーも多く、
スタッフが回収して相手に手渡してもらえます。

これは「ちょっと気になる程度」でも、全然問題ありません。

気楽に考えていいようです。

 

フリータイム

この後がいよいよフリータイムです。

このフリータイムには様々な形式があり、1対1の会話のために
男性が任意で席を移動する時間をフリータイムとしているパーティーもあるようです。

またこの時間にビッフェなどが楽しめるパーティーも多いので、
お食事をとりながら自由に交流ができる時間を取る場合もあります。

時間ごとにお相手を変えるようスタッフが促すパーティーもあり、
こういったものを2?3セット行うのです。

ここらへんがパーティーによって違いが出るところですから、
あらかじめどういうパーティーなのかはチェックしていたほうが良さそうです。


フリータイムが終わったあとに「もっとお話ししたかったな」と思うお相手がいれば、
それを書き込む用紙が配られます。

もちろん無記名ということもあるでしょう。

それをもとにしてスタッフがカップル発表を行い、パーティーは終わります。

このカップル発表の形は主催者側によって、
その日に教えられるもの後日知らせられるものと、様々です。


20代限定婚活パーティー


ホーム サイトマップ