年齢を重ねるほうが魅力的になる

年齢を重ねるほうが魅力的になる

年齢を重ねるほうが魅力的になる

 

基本的に年を取るのは素晴らしいことです。

年を重ねなければ分からないこともあるし、年を重ねて経験してきたことこそ自分の財産です。


適齢期なんて言葉があるから、その年齢になったら結婚しなきゃいけないと思いがちです。

でも結婚しなくても幸せな人たちはたくさんいますし、それは年齢を重ねればわかること。

年をとるのは何も怖い事ではありません。

 

婚活をするのは自由ですが、適齢期といわれる年齢、
20代前半から30代後半に達していなければまだ婚活する必要はないと思います。

それよりは経験を重ね、自分を磨くことに時間をかけた方が将来的には実を結ぶと思います。


結婚するにせよ、しないにせよ適齢期というものはいずれ過ぎます。

大切なのはむしろ適齢期を過ぎてからのこと。

適齢期を過ぎてからも魅力的であることは、若い時にはできないこと。

努力しなければできません。

例え結婚していたとしてもそういった年齢になっても魅力的であることは必要だと思います。

 

年齢の話は自分磨きと比例するのです。

たしかに年齢を重ねた方が結婚しにくくなるかもしれません。

けれども年齢に比例して自分磨きができていれば、何歳になっても結婚できます。

 

年を取ることは結婚に対してまるで絶望を与えるかのような感じですが、そんなことはありません。

むしろ希望を与えることです。

フランスでは女性は35歳からなんて言うそうです。

日本はしばしば女性に関して若い方が良いなんていう発想がありますが、私も30歳を迎えて分かります。

20代前半より今の自分の方が絶対に魅力があると言えます。

 

もっと年を取ったらきっともっとわかると思いますが、
20代なんてあっという間に過ぎますし、まだまだ子供に毛が生えたぐらいのものです。

例えば、お見合いパーティーの参加条件をみると年齢でわかれているものが多くあります。

様々なパーティーに参加してみて思うこと。

20代が多いパーティーでは華やかさはありますが、
30代以上が中心のパーティーでは経験から放たれる自信のようなものを感じることができます。

男でも女でも、30歳前後でやっと大人になったと言えるぐらいではないでしょうか。

 

年齢を重ねることは素晴らしいことです。

年齢を重ねるからこそ作ることができる魅力もたくさんあります。

そしてそれに比例して、私達は自分磨きをすべきです。

それがまた良い婚活へと繋がるでしょう。


それでも適齢期が気になるならば


ホーム サイトマップ