適齢期を気にせず婚活するには

適齢期を気にせず婚活するには

適齢期を気にせず婚活するには

 

ここでは女性のためだけの婚活の仕方をおススメします。

先程から述べている通りに男性は適齢期はあまり気にせずに婚活できると思います。

なのでここでは女性のためだけにアドバイスしたいと思います。


婚活に限らず、普通にお付き合いをしている中でも男性に対して「結婚」はある意味禁句です。

女性からはあまり言ってはいけないNGワード。

しかしだからと言って、男性からプロポーズされるのをただ待つのも難しい話。

では女性はどうしたらいいのでしょうか。


婚活でもなんでも、基本的には待つことを忘れないで下さい。

女性は何事もとりあえずは男性からのアプローチを待ちましょう。

特に結婚に関してはガツガツしていると嫌われます。

新宿の婚活パーティーで出会った女性はまさにこのタイプでした。

周りの男性がひいているのを遠巻きからみて悟りました。

女性の方から言いだすと男性のプライドを傷つけます。

 

せっかく結婚を考え始めたところに横水を差されると男性は一気に意気消沈します。

とりあえずは待つことを忘れないようにしましょう。

いつまで待っても何もアプローチがない、

結婚というものを意識しない場合は慎重にアピールしていきましょう。

焦りは禁物です。あくまで慎重に行動しましょう。

いきなりゼクシイを買ってみるとかはダメです。まずは会話からアプローチしましょう。

 

婚活においてもですが、結婚という言葉を使わずにアプローチするのが一番です。

結婚という言葉を出さず、「一緒に住む」とか「子供を作る」という
結婚の先に待っている事柄でまずは会話してみましょう。

何気ない会話が一番。直接的に結婚と繋がってしまう様な会話は止めましょう。


男性はいかんせん結婚というものには拒否反応を示します。

婚活でも最初から結婚結婚とアピールしている女性は避けられます。

男性には結婚イコール束縛、責任などの悪いイメージがあるので
結婚を最初からアピールされると、最初から束縛される様な気がして重たいのです。

 

女性は適齢期になると一層焦るのはわかります。

けれどもだからこそ結婚を意識し過ぎず良いパートナーを探すことに心血を注ぎましょう。

急がば回れです。適齢期になるからこそ慎重に。


年齢を重ねるほうが魅力的になる


ホーム サイトマップ