女性には適齢期がある

女性には適齢期がある

女性には適齢期がある

 

適齢期なんて面倒なものは無いに越したことは無いのですが、
残念ながら女性にはあります。

それは出産子育てが関係するからです。

女性が男性とは根本的に違うのが子孫を残すという事。

結婚については出産子育ての話は欠かせません。

 

私は不妊症ですが、現実問題夫婦の約一割は不妊症です。

不妊症だから言えることですが、不妊の原因は実に様々です。

全く原因が無い場合も多いです。

 

女性の身体の仕組みとして、女性の子供を作るための機能には期限があります。

それはほとんどの場合年齢に比例します。

年齢を重ねた方が不妊の要素は増えますし、多くの場合において妊娠しにくくなります。

 

不妊症には様々な要素がありますので一概には言えませんが、
どうしても子供が欲しいのならば若い時に結婚して子供を作るが一番です。

たとえ不妊症だったとしても、早めに対策を取ることもできます。

子供が欲しいという一点においては結婚が早いに越したことはありません。

 

しかし子供が特に欲しくない、
あるいは作るつもりが無いのなら結婚はいつでもいいと思います。

子供を作る、作らないは夫婦によって自由です。

 

けれども女性に生まれたのだから、子供は作った方が良いと思います。

自分が不妊症だから言えることでもありますが、子供が欲しくてもできない人もいます。

子供ができるというだけで、それは一つの奇跡でもありますし、

女性としての他には代えがたい能力です。

よほどの理由が無い限り、あえて子供を作らないというのは
女性としてはあまり賛成できない方針です。

 

どちらにせよ、女性に関する適齢期というものは子供を作るかどうかの一点においてだけです。

女性だって男性と同じように、いくつになっても結婚できます。

結婚、良いパートナーと人生を歩むという目的だけを考えれば結婚は何歳でも良いのです。

むしろ年齢を重ねてからの方が良いパートナーに巡り会う可能性はあるかもしれません。

適齢期は人によってさまざま。出会いも人によってさまざま。

人気のある婚活パーティーも全国各地で開催されています。

適齢期を気にしすぎず、広く出会いを求めるのが結婚への近道と言えるでしょう。

 

適齢期を過ぎると結婚しにくくなるのはなぜか


ホーム サイトマップ