いつもファーストデートでフラれる人のために

いつもファーストデートでフラれる人のために

いつもファーストデートでフラれる人のために

 

同じ失敗を繰り返すのは何も相手のせいとは限りません。

自分のせいかもしれないのです。それらを具体的に考えていきましょう。

 

まずはファーストデートでフラてしまう場合です。

この場合は、相手が最初に抱いていた印象と実際の自分とが違っていた場合によく起こります。

婚活パーティーで知り合った時は清楚で大人しい女性の印象だったのが、
いざデートに行ってみると姐御タイプのドSな女性だったとしたらどうでしょうか?

どちらのタイプも女性として悪い訳ではありません。

けれども男性からすると清楚で大人しくて自分について来てくれるタイプの女性が好きなのに、
実は間逆の女性だったらちょっと困るわけです。

自分の好きなタイプを選んだはずなのにそれが大きく違うと
「あ、俺のタイプじゃ無いや」となっても仕方がない訳です。

ですから最初の印象をあまりに本当の自分とかけ離れたものにしてしまうとダメだということです。

猫のかぶり過ぎはダメだということ。

婚活ですから多少は第一印象を良くしようと頑張るのは当然ですし、
最初から自分の全てをさらけ出すわけにもいきません。

けれどもまるで自分とは真逆の印象を作り出してしまうことは結局のところフラれる原因になります。

良い印象を作りながらも自分の自然体を出していきましょう。

 

特に女性にこういった現象はよくあります。

婚活パーティーではりきり過ぎて、いざファーストデートとなって失敗してしまう。

女性は特に見た目なども大いに工夫ができるだけあって、いくらでも第一印象を変えることができます。

ドレスやメイクを張り切るのはわかりますが、自然な自分を知ってもらわなければ結婚は出来ません。

 

男性はあまり第一印象をとにかく猫をかぶった感じにするというのも苦手だと思います。

ですからそんなに心配はいらないかと思いますが、逆にファーストデートでは服装が肝心です。

婚活パーティーなど初対面の時はスーツであることが多いと思いますが、ファーストデートは私服です。

スーツはどんな男性にでも似合い、清潔感のあるイメージを与えてくれますが私服はそういう訳にはいきません。

 

私服は自分のセンスが問われます。

スーツのポイントが高いだけに私服がダサいと女性は非常にがっかりします。

普段私服をあまり気にしない人でもファーストデートぐらいは私服も気遣って下さい。

雑誌を参考にする、店員に聞くなどしてちょっとは良い見た目を心がけましょう。

 

第一印象から次へのステップで大きな変化があり過ぎると大体は失敗に繋がります

肝心なのは第一印象から自分らしくあることです。作り過ぎないのが一番なのです。


二回目以降のデートでフラれる人のために


ホーム サイトマップ