そもそも相手選びに失敗している時

そもそも相手選びに失敗している時

そもそも相手選びに失敗している時

 

自分に非が無くても、相手の選び方自体を間違っているといつでも失敗を招きます。

本当に自分に合う相手、自分の恋愛の傾向を把握していますか?

それが分かっていなければ婚活では失敗してしまいます。

 

婚活における相手選びを条件でのみ探していると、とにかく失敗します。

年収や職種では相手のことは測れないから。

結婚するのですから相手の本当の中身を知らなければ無理です。

ということは、自分の好きなタイプを重視するのが最重要。けれどもその好きなタイプ、間違ってはいませんか?

 

婚活や恋愛において、パートナーができにくい人ほど「誰でも良い」と思っている傾向があります。

特に好きなタイプは無く、また自分でもよくわかっていないので「誰でも良い」と思っているのに、

結局パートナーはいつまでもできなかったりします。

 

お見合いパーティーなどでもそう。

例えば東京でもお見合いパーティーは各地で開催していますが

どのパーティーでも最後の方に残ってくるのは
男女ともにはっきり相手を誰とも決めかねている「誰でも良い」パターンの人達が多いです。

「誰でも良い」パターンは問題です。

 

「誰でも良い」パターンの人達は恋愛に対してオクテな人種が多いです。

恋愛に対してオクテだから自分の好きなタイプを把握できず、
なんとなく向こうから寄ってくる人ばかりを好きになってタイプが絞れません。

「誰でも良い」という人は「来るもの拒まず」の傾向もあるので要注意。

婚活でも誘われれば行くけれども、結局あまりピンと来なかったりして自分からお断りしてしまったりするのです。

 

「誰でも良い」は「誰でも良くない」と同じ意味。

「誰でも良い」パターンの人ははっきりと好きなタイプが決まってないこともあって、
「好き」の気持ちを余計に尊重します。

だから好きにならないと彼等は動きません。

だから婚活でも誘われても好きになれないと思うと結局断るのです。

「誰でも良い」と言いながらお断りするのは「好き」を優先させようとするからなのです。

 

相手は誰でも良いと思って婚活している皆さん、それは良くない傾向です。

はっきり自分の好きなタイプを決めて下さい。

そうしないからいつまで経っても自分が好きになる相手に巡り会えないのです。

 

気持ちを重視するのは良いのですが、婚活で誘いに乗りながら結局お断りするのは相手に失礼です。

そういうのが婚活だと思っているかもしれませんが、お断りしないに越したことはありません。

何人もとデートする必要はありません。

一人の相手といっぱいデートする方が何倍も価値があります。良い婚活をして下さい。


失敗を成功に生かすために


ホーム サイトマップ